このサイトの基本メニュー

予防とメンテナンス

カールスタット(スウェーデン)、アメリカ、日本の予防・メンテナンス目的の歯科通院割合

このグラフはいったい何を表しているのでしょうか?

統計を取る際の対象に違いはありますが、これは歯科に予防やメンテナンスを目的として通院している人の割合です。
これを見ると日本は予防歯科やメンテナンスに積極的な方がたいへんに少ない事が分かります。

これは日本特有の保険制度とも関係しています。
保険制度のない他の国では病気になると治療に大変お金がかかります。
そのため、まずは病気を未然に防ぐことを重視する意識が高いのです。
これに対し、日本の場合はある程度までは保険で治療が出来るため、「歯が痛い」「歯茎が腫れた」など急性症状が出てから受診される方が多いようです。

「ムシ歯予防」「歯周病予防」には毎日の歯磨きなどホームケアのみでの予防は難しいのです。
プロの管理でしっかりと予防をする事で大切な歯の健康を保つ事が出来ます。

パーソナルプログラム

歯科さめじまでは「治療」「メンテナンス」「予防」を独立させず、常にお一人おひとりの症例にあわせてトータルに診察しております。
パーソナルプログラムはその名の通り、お一人おひとりの残存歯の本数、口腔内の状況や悩みに応じてベストなプログラムを歯科医師、歯科衛生士で提案いたします。

90分コース 13,000円(税抜)

マイベストクリーニング プラス

メンテナンスの効果を倍増したい方へ

60分コース 9,000円
(税抜)

マイベストクリーニング

歯周病リスクが高くステインがつきやすい方へ。

リフレッシングケア

気になる口臭を予防してスッキリとリフレッシュしたい方へ。男性にもおすすめ。

50分コース 8,000円
(税抜)

トリートメントケア

クリーニングとトリートメントで歯を健康に保ちたい方へ。

40分コース 6,000円
(税抜)

ブリリアントケア

きれいにした歯をキラリと小さなアクセサリーで飾りたい方へ。

30分コース 5,000円
(税抜)

口臭予防クリーニング

口臭が気になる方へ。

パーソナルプログラムメニュー内容

1. プロフェッショナルディープクリーニング (PMTC)

ブラッシングでは取り除けない歯周ポケット内の歯石やバイオフィルムを取り除き洗浄します。

40分(残存歯10本以上)
30分(残存歯10本以下)

2. プロフェッショナルベーシッククリーニング

歯石やバイオフィルムを除去してお口の中をさっぱり清潔にします。

30分(残存歯10本以上)
20分(残存歯10本以下)

3. 歯のトリートメント

栄養を補充することで表面もなめらかになり透明感のある艶やかな歯にします。

10分

4. 予防薬塗布

クリーニングのあと、状況に合わせた予防に効果のあるお薬で仕上げます。

5分

5. お口のリフレクソロジー

粘膜や歯ぐきを指でマッサージしてコリをほぐします。

5分

6. ステイン除去

ステインやバイオフィルムを専用器具で落とします。

10~15分

7. ティースアクセサリー

きれいにした歯にピアスの様な小さなアクセサリーをキラリと飾ります。

ティースアクセサリー

5分
1ヶ所1,000円(税抜)

8. 口臭予防クリーニング

専用の薬剤を使用して口臭の原因を取り除きます。

30分

3DS

こんな方におすすめ

  • ムシ歯の多い方
  • ムシ歯の多い子供(特に歯の生え替わり時期)
  • ムシ歯菌の母子感染防止のため、母親に対して(お子さんが生後19~31ヶ月)
  • 唾液の量が少ない方
初回 36,000円(税抜)
2回目以降 12,000円(税抜)

マウスピースを用いた科学療法でムシ歯の原因菌をコントロールする予防法です。

歯の表面についているバイオフィルム(細菌の膜)をPMTC(歯のクリーニング)により取り除いた後、抗菌剤の入ったマウスピ-スを5分間歯にはめてムシ歯菌を集中的に除去します。
バイオフィルムが再形成される前に充分に薬剤を作用させる画期的なムシ歯予防法です。

3DSを行うとムシ歯菌が少ない状態になるので毎日の歯磨きでムシ歯を予防できます。
さらに歯がツルツルになり爽快感が広がります。
効果は半年から1年ですが、ムシ歯と歯周病の予防のためにも半年に一度行うことをおすすめします。

唾液検査

こんな方におすすめ

  • 毎日きちんとハミガキしているのにムシ歯になる方
  • 口臭が気になる方
  • 家族にムシ歯や歯周病の人が多い方
3種(ミュータンス菌、ラクトバチラス菌、カンジダ菌) 4,000円(税抜)
2種(ミュータンス菌、ラクトバチラス菌) 3,000円(税抜)

「毎日歯磨きをしているのに、なぜムシ歯になってしまうの?」という疑問を持たれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

唾液検査は唾液の質、唾液の量、ムシ歯菌と歯周病菌の数を調べることにより、ムシ歯になりやすいかどうかをチェックすることができます。
ムシ歯の原因は人それぞれで、原因が違えば予防法もちがいます。
唾液検査を行うことにより症例に合ったムシ歯対策を行っていくことが可能になります。

5分間ガムを噛んでいただくだけの簡単な検査です。

検査前の注意点

ページトップへ

診療のご案内

関連するページ

院長の雑談

おススメのページ

知らなきゃ損!医療費控除について

歯科さめじまFacebookページ